2012年3月11日

希望の光。



今日の日本はみんな気持ちが一つの事に集中しているんだろう。あれから一年。イギリスで何も出来ず途方に暮れた最初の一週間を過ごした後、日本人として何が出来るか、考えて行動して来ました。義援金活動、そして、実際に被災地に訪れ、目にした復興へのとてつもない長い道のり。被災地の皆さんがあきらめずに歩いていけるように、私達一人一人が出来る事は、これからも支援していく気持ちを忘れずに届けていく事だと思います。そして、次の世代へと希望の光を灯していくのは、私達大人のするべき事だと思います。小さな力も沢山集まれば大きな希望に変わる事を信じて。卒展の準備と仕事と重なって、予定より遅くなりましたが、この夏を目指して、また始めます。HELP JAPAN PROJECT 2。 興味のある方は、ご連絡下さい。日本のこれからを皆で支えていきましょう。

震災でお亡くなりになった方々、行方不明の方々、ご家族の方々へ、改めて心よりご冥福をお祈り申し上げます。そして被災された一人でも多くの方々に、希望の光が届きますように。ヘイスティングス真起子

4 件のコメント:

  1. まきさんこんにちは。私も、またほかの多くの日本人のみなさんと同様に、自分のできることについて考え続けています。世界中の人が支援の手を差し伸べているにもかかわらず、まだ多くの被災者が苦しんでいる様子を見ると、個人の無力さをむなしく感じてしまうこともしばしばです。しかし、それで歩みを止めることはできませんね。私もここアメリカからでもできることがあればぜひお手伝いさせていただきたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. hiromiさん、メッセージありがとうございます。本当、一人一人の出来る事は小さくとも、見守って行く気持ちだけはどこにいても忘れないで行きたいものですね。

      削除
  2. こんにちは。
    私に出来る事があればぜひお手伝いさせてください。
    震災から1年がたった今も被災地やその周辺地域には苦悩が耐えません。
    ほんの少しでもお役にたてることがあればお手伝いさせてください。

    もときみちこ

    返信削除
    返信
    1. みちこさん、こんにちは。日本にいながらも応援ありがとうございます。準備が出来次第ぜひご連絡させていただきますね。

      削除

皆さんからのコメントには大感謝です。xま