2018年8月19日

日本旅行 作家さん訪問記 1:ちょっきん切り絵 YUYA さん


真夏の暑い日本に来て早くも2週間目。待ち遠しかった、家族や友人との楽しい時間があっという間に過ぎていっています。娘のサブリナもおかげさまで元気で、笑顔が絶えません。日本語もどんどん出てきて、会話もずいぶんできるようになったので、うれしい限り。

滞在中に予定しているのが、日本の作家さんたちを訪問すること。今回、お会いしたいと願っていた数人の方々と事前にご連絡をさせていただきました。その訪問記をブログに書いていきたいと思います。

今日ご紹介したいのは、切り絵作家の YUYA さん
パンやお菓子の教室を開いている、奥様の圭子さんとご一緒に、東京は中野に、素敵なお家兼アトリエ Aterlier FOLK を拠点に活動していらっしゃいます。


実は、YUYAさんの作品を初めて知ったのはもう10年ほど前。今のようにインスタグラムはなく、ブログを通じて、コメント等で会話を交わしていました。

フォークアートのような要素とどこかモダンな雰囲気が混じった彼の作品は、とても暖かく親しみやすくて、見る人の目と心を和ませてくれます。

私が特に共感できるのは、はさみを使って絵を作り上げている点。イギリスでも切り絵作家は幾人もいらっしゃいますが、いわゆるクラフトナイフで作り上げるのとは違って、個性と手作り感が浮き出る感じが大好きです。


コメント等でもいつもオープンで親近感のあるお二人。実際にお会いしたのは今回が初めてだったのに、なんだかそんな気がしませんでした。お二人のお住まいに入っても、とてもリラックスできて、5歳の娘がいると、いろいろ落ち着かないのがいつもなのですが、とてもご親切にしていただき、楽しい時間があっという間に過ぎていきました。

けいこさんの作られた美味しいケーキと一緒に、おもてなしの仕方まで、どこもかしこも美しい美味しい経験!そんな幸せなひと時を作っていただいたお二人に感謝です。


お二人のお家は、たくさんのコレクションに囲まれています。それは陶器だったり、民芸品だったり、本や音楽だったり。雑誌にもよく掲載されているお二人のお住まい。事前にも何度か「狭いですよ」と言われていましたが、私は目にするのが楽しみで待ち遠しかったくらいです。実際入ってみても、そんな忠告は必要なかったかのように、隅から隅まで楽しく愛おしいお家でした。ご親切にも、写真を撮らせていただけたので、少しご紹介しますね。


今回の訪問で、選ばせていただいたのが「ホロホロ鳥と花」という作品。(一番上の写真)
大きく切り取った鳥の中に図形のようにデザインが施され、アクセントの色がまた素敵度に輪をかけています。シンプルなのに、とても斬新で、またモダンなのに、どこか昭和の香りがすると思えるのは、私だけでしょうか?我が家に持って帰って飾るのが楽しみです。


YUYAさん、けいこさん、楽しい時間をどうもありがとうございました。プレゼントもありがとうございました。


お二人の活動、作品は、アトリエフォークのサイト(→こちらからご覧になれます。

2018年8月11日

ポットフェスト・イン・ザ・ペンズ


日本到着~。
分かっていたけど、いや~、蒸し暑い!暑さと時差ぼけで、早く床についても目が覚めてしまったので、さっそくブログ書きました(笑)。

久しぶりに日本の家族や友人に会えるので、また今回の滞在中は幾人かアーティストの方々を訪問する予定なので、今からとても楽しみです。
その件もまたブログに書こうと思いますが、その前にまずは、先週末の陶芸展 POTFEST in the Pens の様子から。

風景が美しい湖水地方の街で行われます。

POTFESTは、私の亡き恩師デーヴィットさんが好きだったイベントです。(彼の最後のイベントの様子はこちらで見れます)彼に初めてお会いしたのもここ。思い出も多いPOTFESTには私も何度も足を運びました。
私が初めて出店したのが、サブリナが生まれる前ですから(その様子はこちら)今回は6年ぶりの参加となりました。

今年で25周年になるPOTFEST。25周年記念ということもあって、今年は参加者がいつもの約2倍の大きなイベントで、たくさんのお客様にも恵まれました。

足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。おかげさまで、多くの作品が新しいお家へと飛び立って行きました。皆さんのおかげでこうやって作陶が続けられるので、本当に感謝しています。


ちなみに、Pens (ペン)というのは、牛などの農家の動物たちをいれる囲いのことで、イギリスでは農家のマーケットに燐していることが多いです。ここでは何百とのペンがあり、その一つ一つの囲いをイベントの最中だけ、展示のスタンドスペースに切り替えて使われます。こうやって、ペンを一時的にイベントに解放されるところも数少なくありません。綺麗なギャラリースペースとは異なり、庶民的といえばそうですが、とても親しみやすい雰囲気で、比較的参加費が低額なのが特長です。(ちなみにイベント前は農家の方々がペンを洗ってくれています。)
背景に写っている白いグランドシートのようなものは、囲いを隠しているために設けられていました。

写真を楽しんでいただけたら嬉しいです。いつもブログを見に来てくださってありがとうございます。


まき x

2018年6月27日

Earth and Fire(アース&ファイヤー)


6月に毎年行われる陶芸市、アース&ファイヤー

いつもはお客さんとして訪れていた大好きなイベント。なんと今回は、120人以上ものイギリス、ヨーロッパ各地からの陶芸家たちに混じっての、展示する側としての参加となりました。天気も快晴で(暑すぎるくらい!)、たくさんの方に立ち寄っていただき、また新しいおうちに旅立った作品もあり、おかげさまで良い3日間でした。みなさんありがとうございますした。

今日は私のスタンドの様子をちょっとご紹介しますね。


こういうイベントでは、他の陶芸家さんたちのスタンドディスプレイや、作品のバリエーションなど、アイデアやアドバイスをいただける素敵な機会でもあります。
また、いつもはスタジオで一人作業していることの多い陶芸家たちがみんな集まると、やはり話に盛り上がるんですねえ。キャンプの合間に、楽しいひと時が過ごせました。

さあて、明日からまた頑張るぞー。

2018年5月30日

一周年


やるべきか、やらないべきか。
その最初の一歩を切り出す時。
潔く決断を出せればいいですが、ほとんどの人が難しいことではないでしょうか。私も何度も自問自答しては、決断が出せずに時間が過ぎました。

イギリスに来て、陶芸を学んだ後、17年間社会福祉の仕事をしてきました。資格を取り、いろんな場所で経験を重ね、一時はチームリーダーとして働いていた時期もあり、キャリアアップも考えていました。自分の役目はやりがいがありましたし、楽しい日々も過ごしましたが、仕事でのストレスは大いにありました。特に自分でなかなか変えられないストレス、会社の方針やマネジメントに合意できない時など、悶々とする日々も多々。心のどこかには陶芸の夢が残っていましたが、不安定な生活への不安、定期的に入ってくる収入の方に頭が向いていました。陶芸一本でやっていくなんて考えるには、自分に自信がない。そんなスキルがない。言い訳は山ほど出て来ます。だって、その方が自分を信じるよりも簡単だったからです。

でも、ようやく決断の時。最後に聞いたのは自分の心の声。今やらないと一生やらない。やはり、正直に心に耳をすますのが最終手段。頭で先のことを計算しても、最初の一歩を踏んでからでないと先のことは始まらない。陶芸に初めて触れてから、18年後のことです。

昨年の今日、5月30日、陶芸フルタイム最初のスタートを切りました。
自分が自分のボスになることの気持ち良さ(笑)。もちろん、仕事は大変ですし、限られた時間の中でのやりくりには工夫も試行錯誤も繰り返し必要になります。でも、今まで頭を痛めていたようなストレスから解放され、気持ちが穏やかになった気がします。もちろん、今もストレスはありますが、自分でどうするべきか考ることができる、ある意味違った、いいストレス。

今日で一年。おかげさまで、忙しく良い一年目が送れました。目標も幾つか達成でき、同じように頑張っている工芸家さん達との出会い、念願のオンラインショップも設置でき、最近はトレードショーにも再参加できました。現在、トレードショー後の注文とこれから行われるイベントに向けての制作に大忙しですが、こうやって好きなことを仕事としてやっていけることが何より嬉しいです。

いつもブログを読んでくださる皆さん、インスタグラムやフェイスブックページでコメントを書いてくださる方々、イベントに足を運んでくださる方々、作品を買ってくださった方、本当に心から感謝しています。皆さんの応援のおかげで、私の夢がかなっているのですから、本当にありがたいことです。

これからも、できるだけシェアーしていこうと思いますので、皆さんも楽しんでくれれば嬉しいなあと思います。

皆さんが決断に迷った時。頭であれこれ考えるのではなく、心に耳を傾けると、私よりもっと早く行動に移せるかもしれませんね。

2018年4月15日

ブリティッシュ・クラフト・トレード・フェアー


いつもブログを見に来ていただいてありがとうございます。
最低月1回はブログを書こうと目標を立てながら、3月が過ぎてしまいました。4月ももう半ば。ということは、今年一番ん目の大きな催しもの、ブリティッシュクラフトトレードフェアー(以下BCTFと略)が開催されました。3日間のイベントですが、準備は1ヶ月以上かける大きなイベントです。今日はBCTFについておさらいしていこうと思います。

BCTFは、2013年にまだ娘のサブリナがお腹にいた頃、初参加しました。(その様子はこちら
緊張していたあの時よりも、今回はもっと不安だった気がします。久しぶりということもありますが、陶芸一本に専念してから初めての大きいイベントだったからです。しばらくギャラリーさんとはご無沙汰していたし、新しい作品をどう受け取ってもらえるのか。不安でいっぱいでした。

イベント前の準備中。家中が支配されます(笑)。
どの展示会に行っても他のアーティストさんのディスプレイ力や発想にいつもハッとさせられる私。まだまだ苦手な分野です。
500人ものアーティストの方々が参加するこのイベント。一般のお客さんが来る陶芸展と違って、トレード(ギャラリーの方々とか)専用のイベントなので、いかに目を引くディスプレイにするかが大切なポイントとなってきます。なので、ディスプレイに使う棚などをどうするかは、いつも以上に頭を悩ましました。

あれこれ考えた結果、2013年に参加した時のディスプレイ、ダイニングキャビネット風のテーブルと棚を再現することにしました。

テーブルはいつも写真撮影や包装作業に使っているもの。既にあるということは、新しいものを買わなくていいですし、何よりも置き場があるということ。展示会のたびに新しいものを取り寄せるのは、資金もしまう場所も取られるからです。これに、棚を新しく作りました。棚は、組み立て式にし、移動もしまうのにも便利になるようにしました。背景は、今までの白ではなく、あえて濃いめの色にし、作品が引き立つようにしてみました。


これに追加して、今回新しく作ったのが壁面パネル。今まで、壁を上手に使えていなかったので、私にとっては新しい試みです。棚の背景と同じ色に塗り、高さも目の高さ以上になるように作りました。

こういうアイデアをいつも実現してくれる大工の得意な旦那さんには、感謝しきれませんね。


さて、実際のディスプレイですが、メインの棚には、目の高さに「らくがき」シリーズを中心に展示。商品を並べるというよりは、どこかおうちの雰囲気が出るように、ディスプレイしてみました。


テーブルの上は、「まぜこぜ」シリーズを。お友達と食事をしているような、テーブルスタイリングを試みました。「まぜこぜ」シリーズの独特の色の組み合わせを意識しながら、リネンや木のスプーン、グリーンなども加えて、楽しさが伝わればいいなあと思いながら、スタイリングしてみました。


さて、今回新たに作ってみた壁面パネルには、両方のシリーズをそれぞれに展示。
「らくがき」シリーズは、形を少し変えて目を引くようにと、大きなオーバル皿とスプーンを。


「まぜこぜ」シリーズは、その名を強調するように、色と大きさを混ぜて一見できるようにお皿を展示し、その下の小さな棚にカップを並べました。


どちらも、シリーズの特徴が明確になるように、しかもテーブルと同じく、おうちの雰囲気が出るようにと意識してみましたが、どうでしょう?

ここで、一番楽しみにしていたのが、大好きなデビージョージさんに描いていただいた絵。おかげさまで、素敵な一角になりました。

横には小さなベッドサイドチェストを二つ並べました。ちょうど咲き始めたばかりの庭の桜を拝借し、小さな花瓶等をさりげなく飾りました。また、引き出しのある家具は、作品を上に展示するだけでなく、イベントに必要な書類や、少量のストックと包み紙など、目に入らないように保管できるので便利です。


余談ですが、イベント会場の入り口の大きなパネルに、私の作品の写真を採用していただきました。これを見つけた朝はあまりにも興奮して、警備員のおじさんに写真を撮ってもらいました(笑)。


毎年参加されている方々によると、今年のBCTFは人手が少なかったそうでしたが、クリスマスの展示会の依頼や、たくさんの注文をいただき、私にとっては大成功のイベントとなりました。大変ありがたいことです。また、多くの方々に、ディスプレイや作品への嬉しいお言葉も沢山頂きました。



こうやって、作陶に専念していけるというのは、みなさんの応援あってのことなので、本当に感謝しています。ありがとうございます。さあ、これからが本番。スタジオ作業再開です。

まきx

2018年2月2日

オンラインショップオープン



オンラインショップを再オープンしました。こちらからどうぞ。

セールもやってるので、是非ご覧ください。
設定は英語ですが、今回から日本への発送もしています。
ご質問のある方は、コメントなり、メールなりしていただければ、ご対応させていただきます。
よろしくお願いします。

まき

2018年1月12日

2018年の目標


日本からの長旅から無事帰宅。娘も学校がまた始まり、我が家もいつも通りの毎日、と言いたいところですが、旅の疲れがまだ出ていたので、早寝の毎日で、ブログの記事を書くのが少し遅れました。

皆さんお元気ですか?

滞在中に母の具合が悪くなってしまったため、娘の面倒を見るのと同時に、予想外に疲れた旅行となってしまいました。まだ、本調子でない母を後に立つのは心苦しかったですが、なんとか現在は回復に向かっているようです。

帰りの飛行機で、2018年をどう過ごしたいかと考えました。
やはり、まずは心と体の健康。それなしでは、仕事もできないし、家族も面倒見れないし。でも、一言に健康第一と言っても、意外に難しいもの。自分の時間を取らずに、いつも動き回っている自分は、時間をとることすらに悪い気がしてしまったり。
今年は、もっと意識して、少しでもいいから自分の心身を思いやる時間を作り、頑張りすぎなくていいんだよと言えるような生活にしたい。

もう一つは、他人に優しくなれること。
飛行機を降りてすぐ、赤ちゃんを片手で抱えながら、折りたたみの乳母車を出そうとしてあたふたしているお母さんを見かけました。大変そうなのに、誰も止まらないで通り過ぎていく。自分一人だけでの小さい子との旅は大変だもの。私は即座に声をかけました。そしたら、お母さんは「赤ちゃんを抱っこしてもらえますか」と。小さな赤ちゃんを抱っこした瞬間、伝わってきた暖かさ。赤ちゃんを見て、「私もこんなにちっちゃかったんだよ」という娘。優しく赤ちゃんの頭をなでました。

お母さんと少し会話をし、やっと安心したかのような笑顔で、お礼を言われました。ちょっとした出来事ですが、おかげで、私と娘にも小さな旅の思い出ができました。

自分の時間に余裕がないと、周りのものに目を向けることもおろそかになりがち。あえて、少しスピードを落とすことによって、大事なものが見えてきたり、ありがたさを感じることができたりするかもしれませんね。


皆さんはどんな2018年にしたいですか?

2018年1月1日

あけましておめでとうございます。


いつもブログをを見に来ていただいき、みなさんから温かいメッセージをいただき、ありがとうございました。

私にとって2017年は、変化の多かった年でもありました。作陶に専念するために、今まで働いていた職場を辞めた年。また、目や心臓に障害をもって生まれた娘が、元気に小学校に通い始めた、感慨深い年でもありました。

プライベートの話もシェアしたりしましたが、皆さんからいただいたご声援によって、何度も勇気付けられました。本当に感謝いたします。

年越しは空の上。 娘と一緒にお正月は日本です。
2018年が皆さんにとって、健康で良い年になりますように。

まき

2017年12月22日

メリークリスマス


いつも更新がままならないブログを読んでくれている皆さん、本当にありがとうございます。

ここんところ、忙しくて、なかなかちゃんと書く時間が取れません。(とはいいつつ、インスタグラムは大抵日々更新しています。)でも、やっぱり、ちゃんと書けるところが好きなんですね、私。自分への記録というか、独り言を綴ってるだけかもしれませんが。だから、これからもブログは続けていきますので、時々遊びに来てください。

ちなみに、ご興味のある方は、更新連絡はメールでできますので、ブログの左頭にあるところで登録してくださーい。(この部分は携帯だと出てこないかもしれません、ごめんなさい。PCの画面だと見えると思います。)

クリスマス前の写真を少しどうぞ。


気分が盛り上がったら嬉しいです!

今日でサブリナの小学校も終わり。
スタジオ作業も終わり。
キャンドルをつけて。ワインを入れて。
家族の時間です。

みなさんも暖かいクリスマスをお迎えくださいね。


まき

2017年11月26日

オンラインショップオープン


オンラインショップがオープンしました。
こちらでご覧ください。→ウェブサイトへ

残念ながら日本語の設定や日本への販売はまだ設定できていません。
今後、少しずつ改善していきたいと思いますので、末長く応援してください。

日本にお住いの方でご興味のある方は、直接メールにてお問い合わせ頂ければ、在庫の状態に従って、日本への郵送の見積もりを個々で対応させていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

2017年11月11日

クリスマス メーカーズ マーケット


イギリスではあちらこちらでクリスマスの雰囲気が漂い始めています。早い人はもう準備万端。(私はいつも遅いー。)

今日はクリスマスのイベントについてのお知らせです。(といっても日本でこれを見ている方には残念ですが、一応こちらに在住の日本人の方も、ブログを見てくださっている方々の中にいらっしゃるから~っと)

11月25日土曜日、ヨークシャーはThirsk(サースク)という町にあるギャラリー Rural Artsさんで、Christmas Makers Market (クリスマス メーカーズ マーケット)が行なわれます。私も久しぶりに参加させていただいています。

ご興味のある方は是非お越しくださいね。

リンクはこちら→ Rural Arts

2017年10月27日

新しいウェブサイトが出来ました。


あっという間に10月も終わり。
ブログに書こうと思っていたことはいっぱいあったのですが、いつも時間に追われる感じで、書かずじまい。
今日は簡単に、でも、嬉しいお知らせです。

私のウェブサイトが新しくなりました。

実は娘が生まれて以来、更新しようと思いながら、早4年。
テクノロジーについていけない私ですが、自分でなんとか仕上げることが出来ました。自分で言うのもなんですが、われながら満足のいく結果で嬉しいです。
これから、オンラインショップの設定も頑張って完了させたいです。(予定は11月末)

ぜひ、見に来てくださいね。(日本語ではないので、ご了承ください。)
リンクはこちら。


よろしくお願いします。