2012年10月8日

小さな頃から小さくて、大きくなっても小さくて。

誰かさんの言う「20代は新しい始まり」という言葉の通り、へっぽこなティーン時代よりも、有意義に過ごした20代の私。「30代は新しい20代」とも言う通り、学び多き充実した30代の私。では、本当に「人生は40から」??(皆さんのご意見、経験論お待ちしてます!)

当時の母親や、子育てをしている周りの友人を見ると、相変わらずおっちょこちょいで落ち着きのない私が、大の40になって特に「立派な大人よ」なんて気はしないのですが、至って健康、人生は素晴らしいのだと言い切る今日です。

小さな私と母。全国の母さんたちは素晴らしいですよ、ほんと。
今週は大学の卒業式もあり、なんか立て続けにお祝いしていただいた気分。嬉しいことに、ファーストクラス学位だけでなく、特別賞も頂きました。18の時に、きちんと大学に進まなかった私、この日が来るとは思ってもみなかったのが正直なところ。何歳になっても学ぶのは遅くない。毎日が学びの日々。これは正真正銘の事実。

隣は写真学部のヒーロー的存在のエド先生。
沢山の方のお陰で、今日も元気に生活しております。これからもブログを通して、いろんなことをシェアーしていけたらいいなあと思います。よろしくお願いします。xま

2 件のコメント:

  1. お誕生日と、そしてご卒業、ほんとうにおめでとうございます。大きな節目の誕生日ですね。とはいうものの、私も40歳になったとき大人の実感はありませんでした。あっという間にあと1年半で半世紀生きたことになってしまうのにこういうふうに思うのはおかしいのかもしれませんが、それでもまだ、やっぱり自分は子供っぽいような気がしています。しかしながら40代は、過去のどの世代よりも心の充実感を味わえる年代だと思っています。まきさんの30代は冒険と達成の10年だったのですね。まきさんの40代がどのようなものになるのか、私にとっても興味津々です。素敵な年になりますように。

    返信削除
    返信
    1. Hiromiさん、どうもありがとうございます。「心の充実感」っていいですねえ。どんな人生でも、心にゆとりを持てるようにいきたいです。

      削除

皆さんからのコメントには大感謝です。xま