2015年10月21日

秋色便り。


こちら北ヨークシャーは、すっかり秋色。とはいえ、もうずいぶん寒くなってきているので、冬ももうすぐやってくるのかな?考えるだけでも寒くなるので、今のうちに楽しまなきゃと出来るだけ外に出ています。

サブリナと散歩や外遊びに出るたび、いろんな色の葉っぱを見つけては、これ何色だろうねーって聞くと、返答が「変答」(文字通り)になっています。色の分別はずいぶん出来るようになってはいるものの、色の名前自体はまだ英語でも日本語でも言えるのはほんのちょっとだけ。なので、例えば、黄色は「バナナ」、赤は「マミー(お母さんの車)」、緑は「はっぱ」と言われます。今まで葉っぱは全部緑だったわけで、紅葉した落ち葉は新しい発見?


おかげさまでサブリナの術後の経過もよく、保育園に戻って、私も職場に戻り、3週間が経ちました。手術後、しっかり血液と酸素を「漏れることなく」おくってくれている心臓のおかげで、ずいぶんエネルギーが増加したようです。幸い、今までも息苦しくなるということはありませんでしたが、それでも「元気の度合」が急に増したのはよくわかります。昼寝もしなくなり、お母さんのエネルギーがどんどん消耗されていきます(笑)。大好きな滑り台も、スイスイ自分で登り、滑り降りて来れるようになりました。ついこないだまで、怖がっていたのに。成長の早さに嬉しいような寂しいような、そんな秋の日です。まx

0 件のコメント:

コメントを投稿

皆さんからのコメントには大感謝です。xま