2011年6月11日

ヨークシャーなまりのある私。

先週末、日本から友人が数日遊びに来たので、デールズと呼ばれる丘陵地帯からドラキュラで知られる海岸沿いの町まで、 北ヨークシャーをぐるりと案内してきました。というのは言い訳で、私にとっても相変わらずのインスピ探しとしての楽しい時間。 この地域独特の「ドライストーンウォール」と呼ばる石壁、小さな村の脇道、高原一杯に広がる黄色いカーペット(バターカップと呼ばれる野草です)、歴史と自然に囲まれたこの地域は、色、線、形、素材など、目に止まるものが来る度に増えていきます。(ハリポタのシーンどこだか分かりますか?)
残念ながら、既にヨークシャーを経った彼は今週末の地元の大イベントでもある「ベッドレース」を見逃してしまいましたが。今年のテーマの「イギリスの歴史」をもとに仮想した90のベッドとランナー。パレードの後、坂道の多い町中や川を渡ってのレースです。町の中心に走る国道まで閉鎖してしまうこのレース。 世代を渡って今年でもう46年目になるそうです。

追伸:
只今ブログ一周年記念葉書プレゼント実施中です。ご希望の方はこちら。xま

0 件のコメント:

コメントを投稿

皆さんからのコメントには大感謝です。xま